東京で受けた豊胸手術のデメリット

色んな方法がある

医師は複数の治療法を提案してくれて、簡単な方法としては注射をするものがありました。
安い料金ですむやり方で注射をするだけで、高い効果を得られると説明してくれました。
医師は問題点についても話してくれて、注射で行う治療法は定期的に利用する必要があるといわれました。
私は長期間バストアップをしたいと考えていたため、別の方法を最終的に選びました。
カウンセリングを受けてから選んだのは、自分の脂肪を使って行うやり方でした。
他の部分の脂肪を取り出すのは心配もありましたが、医師の説明によると安全な方法だといわれました。
費用はやや高めだったので支払いができるか心配でしたが、医療ローンを勧めてくれたので手続きをしました。
ローンで返済をすると少ない負担で受けられそうだったため、このくらいの負担ならば可能だと考えて契約しました。
手術をする日時や問題が起きたときのサポートなどを確認して、一週間後に実際に豊胸手術を受けてみました医療機関で受けた手術は麻酔をして行ったため、特に痛みはなく問題なく終わりました。
治療をしたため胸の部分に一部傷跡ができていましたが、目立たないところだったので問題ないと感じました。
手術をしてから何度かクリニックに通って、特に問題が起きなかったので安心しました。
治療をした後は以前に比べてバストアップできたため、昔からあったコンプレックスを解消できました。
最初は十分な効果を得られていたのですが、半年ほどたった頃にバストの形が変わってきて困りました。
手術をした直後はよい形でバストアップできていたのに、半年ほどたつと両方の胸の大きさが変わってきました。
心配になって治療を受けたクリニックにいって相談すると、このような問題は起こるといわれました。
医師によると注入した脂肪は半年ほどで半分程度なくなってしまい、結果として胸の形が変わると説明してくれました。
実際にそのような問題が起きた方の資料も見せてくれて、こういう問題も起こるのかと分かりました。
医師とはその後も話し合いをしましたが、両方の胸の大きさをよい状態にするのは難しいといわれました。
もしやるならば同じ手術をしなければいけないと説明を受けたため、費用を考えるともう一度はできないと考えました。

東京のクリニックで受けられる豊胸手術 : 色んな方法がある : 半年ほどたって胸の形が変わった

豊胸 デメリット 東京豊胸手術の失敗リスクと施術別のデメリットを解説